バイクで行こう 2nd | Category : GT1000

nephew

日曜日そうちょうにしむき-s
米国から15歳のおいっこ(モトクロス250ccライダー)がやって来てまして、 
ツーリング写真(上)を見せたんですね。

そしたら、突き出しを指差して
「ここんとこ、高くない?」 と申しておりました。 15歳とは思えない反応。

あと、フロントがオーリンズなのに、リアが(見た目に古い)ツインショックだとか、ウエスが残念などと、
ダメだしして帰って行きました。 排気量聞いて、「トラックバイクね~」と褒めて?もくれましたが。

さて、久しぶりのバイクはと言いますと、試しに付けたSS900のステップは、いい感じでしたので採用な感じです。 
あと、セルはよく回り、バッテリー元気。 

3時間耐久まであと30日。 持久力の無さに焦りを感じます。・・・少しはトレーニングせんと。
来週中にはタイチさんからツナギ帰ってくる予定です。

two-tone

s-たんくのいろぬりました。
表題と写真はタンクですが、話題はステップの位置について

前オーナーがデライト社のを付けておられましたが、
私にはやや下過ぎるので916系のを付けて頂いておりました。

916系のは ルックス的に 気に入っているんですが、街乗りにはやや高すぎる(前すぎる)ので、
自分に合ったステップを樹脂の板で作ってみたんですね。

一つ作るのに(位置を決めるのに)結構手間が掛かり、
もう片方を作る気がしなくなったまま時間だけが経過しておりました。

ある写真を見ていると、SSのステップと位置が似てるっぽい!
というわけで、只今取り寄せております。 さてどうなることやら。 全然ダメだったりして。

***メモ***
916系ステップと座面との距離は(バーを最も下げた状態で)375~380mm

18mm

s-かとうしきろんぐればーじゅうはちみり
会社の近くに居を移し、はや10日が経とうとしています。
毎日、仕事三昧で楽しくも、ひきこもりな生活を送って感じました ・・・息が詰まるよっ!

打ち合わせなどで、2度ほど電車で大阪に出向いたんですが、
大阪はいい! 食事が美味しい! 選択肢が多い! 東京より人が少ない!

晩御飯は必ずあっちで食べて帰るようにしています。
加えて、帰りにいつものパン家さんでたくさん買って。

ここんとこ、カメラを手に持つ機会もなくなりました。 
なので、過去に掲載しなかった写真で更新しますね。

mwr airfilters

s-えむだぶりゅあーるえあふぃるたー
s-えむだぶりゅあーるえあふぃるたーこうほう
GT1000のインダクションボックス、思いのほか小さいです。 
現状は、純正タイプのエアフィルターを社外品にして、エア吸い込み口をカットしてあります。

某ブログで、PSにMWRエアフィルターを装着しておられる記事がありました。
試してみたくなりMWR社にオーダーすると、埼玉県のJAMさんを紹介いただきました。

で、ジャムさんに製品を送っていただきました。 袋から取り出したところをパチリ。
フィルターに赤い液体がついててネチャネチャしてます。

このフィルターはインダクションボックスの上半分を無くし、
フタをするような感じで取り付けるようです。 

tank

s-タンクをつけてこの中に
s-タンクを外したこの場所に
清々しい日の出で始まった6月15日。スピード違反のショックもやや薄まり、(これから免停ですが)
(休日)出勤前に、自宅から道の駅 猪名川まで往復します。 

猪名川に到着すると、大人なバイカー達が集合しておられます。 
午前7時に集合なのでしょう。 ツーリングの打ち合わせをして出発されました。

私は向かいのローソンでサンドイッチとエビアンを買って朝食。
夏を間近に控えて、気持ちのいい朝をGTと過ごすことができました。

その後、仕事を終え、夕方に今朝のダストを拭いてやります。
股のところがもっと細くなんないかなー、キャブにしたいなーなどと妄想しつつ終了。
あと何年、バイクに乗れるでしょか。

over the speed limit

s-柏原町イタリアンおるもまえにて
朝から雲一つない5月11日。 気温も湿度もほどほどで、最高のバイク日和な日曜日。
趣味と実益を兼ねてGT1000で休日出勤いたします。

行きはなんとなく高速道路にのり、SAで小休憩。続々とバイカー達が集まってきます。
色んなつながりや楽しみ方があるんですね。 さすがに同じバイクの集団は様になります。

職場に着き、早々と仕事を終え、某所で食事をし、遠回り山越えコースで帰宅することに。
そして事件はその道中で起きました。

ながーい直線を、調子よく加速中、道端でヘッドホンをつけて座っているおっちゃんの横を通過!
急ブレーキするものの、時すでに遅し・・・ ネズミ捕りでした。

バックミラーは見てたんですが、前方はすっかり油断してました。 誘導された先で待ち構えるおじさんたち。
レシートみたいな紙に時速90kmとプリントアウト。 50kmオーバーで12点。一発長期(90日)免停です。 

田舎だからかパトカーも白バイもなく、のんびりした取締でした。  ハァー、何してんだ、オレ。 
ということで、バイクへの情熱と正比例してブログの更新も下降気味な今日この頃です。

免停中の過ごし方考えとこ。

gw

s-ふたばカフェ前にて
s-どかてぃろごのきーほるだー
2014年5月4日、楽しみにしていたGTでの休日出勤。 
遠回りなGT用ルートで職場に向かいます。

週間天気予報では、雲りとの予報でしたが、当日は広い地域で快晴。
兵庫県は気温13~22度、湿度は低くく、最高のバイク日和になってくれました。

日中は暑くなるだろうとメッシュジャケットに インナー外しででかけましたが、
走ると寒いことが判明。 教訓、迷ったときは着けていくべし・・・。

シフトアップ時、たまに4・5速間でニュートラル。 踏み方が甘いんでしょうね。 
帰路、ブレーキを引きずるようになったので、帰宅後キャリパーメンテしてやります。 

レバータッチも良くなりました。 ついでに、ほしいステップ位置をボードに書き写して終了。 
この位置をどうやって形にしようか・・・。

hiro coffee

s-ひろこーひーいただきました
s-つーばるぶおーばーほーる
コーヒーご馳走様でした! 27日は晴れるといいね。

decal

s-作業台の上に
タンクのクラシックなデカール、こんな感じ。
それにしても、たくさんのスプリング。 より楽しいバイクに育ってほしい。

shimmy<2>

s-フロントフォークトップぱかーん
スコスコ動くフロントサス。 スゥーッと入って奥の方でじわじわしてくれます。気持ちいいったらありゃしない。
プルプルさえしなかったら文句なしなんだけど。

full bottom

s-スプリング抜いてフルボトム状態

shimmy<1>

s-フロントフォークトップぱかーん2
バンクし始めたときにプルプルしたり、ごわごわしたり。&直線で加速中、ブルブルしてこわかった。
ということで、こんな感じな今日この頃。 クラクションさんにて。

fenderless

s-ふぇんだーないとちがってみえます
フェンダーレスな状態。 スーパーバイクとは対照的な、フツーの単車。 遊び方を模索せねば。

induction box

s-えあいんてーくかこうずみでした
s-えあいんてーくぼっくす
タンクを外せばツインだけにスリム。 インダクションボックスのカバーは加工されてました。

vintage wings

s-たんく
つばさっていいな。「自由」を連想させるから。
バイクに乗っている時はある意味、自由だもんね。 つばさを広げて飛んでいきたい。

fender

s-にゅーふぇんだ
でかーいフェンダーを、スタイリッシュにショート加工して頂きました! (クラクションさんにて)

fg

s-おうごんだったり
FG43というのでしょうか。
レーシングキャリパーに続き、理想が実現しつつあり、うれしい限りです。

ハンドルとショック、キャリパーとホイール、互換性なくて難航していますが、
三鼓さん奮闘してくださっています。

az battery

s-ホイールときゃりぱーす
s-ばってりーはおかだしょうかい
スポークホイールで手に入れた大人な雰囲気。人生も後半戦に入りましたから、バイクもおとなしくしませんと。
(負け惜しみですが)スーパーバイクでは表現できない、クラシックな味わいがソコにはあります。

しかし、同時に手に入れてしまったもの、それは鉄ゆえの重量。
なので、無くせるものは無くし、軽くできるものは軽くしていきます。

ということで、まずはバッテリーから。2,000gは軽くなったかな。

ignition flywheel

s-49a5e24603283c33de34da0508c40564484d63e0big.jpg
s-f046f9adfe6953749eb5e1b1dc53247be3ddedd0big.jpg
s-フライホイール表
s-ふらいほいーる裏
上の写真の、黄色い部分がN社の(超)軽量フライホイールです。(撮影:クラクションモーターサイクル)
下の写真が純正フライホイール(1881g)。 

N社のフライホイール、計量しなかったのですが「持った感じ」300gでしたので、
「持った感じ」が当たっていれば、1500gは軽くなった計算です。 どんな加・減速になるんでしょうか。 

軽量化のデメリットとしてアイドリング不安定とか、回転がすぐに落ちてギクシャクすることが考えられます。
が、現状は(748Rと比較して)乗り安すすぎて面白みに欠けるので、僕にはデメリットも楽しみなんですね。

さて今日、クラクションさんにおじゃましました。 Kさんムルティで登場。コーヒー御馳走様でした!
GTはスポークホイールに変更され作業台に載っていました。

キャストホイールもいいけど、スポークホイールは大人な雰囲気です。
ハブ重いけど。

RME

s-はいすろにゅうかしまもした
こちらは自分用のRMEのハイスロキット。プーリーは左から40・44・48・50mm。
無論、直径が大きくなるほどよりハイスロになり、その分回転するのに力を要します。

H.M.F

s-ひまわりみぎすいっちにゅうか
ひまわりさんの右スイッチ。ショートレバーには最適です。(自己責任す♪)

RUN(赤)のタッチ(プッシュで入り切り)の感触は、思いのほか軽いです。 
防水処理はされていますが、水はまわりやすいものです。はい。

Axial Racing

s-てもちのアキシャルレーシング
手持ちのレーシングキャリパー。 今のに不満はありませんし、こちらの方が古い製品ですが、
最初にレーシングを使った時の感動が忘れられなくて。(私なりですが)

問題はサポートなんですよね。 明日、お願いしてみよう。

φ50<2>

s-セパハン暫定取り付け
クラクションさんに取り付けていただいたセパハン。
GT的には本来ほぼストレートなバーハンが最もそれらしいと思うのですが、自分が乗りやすいように変更。

写真は暫定的な位置ですが、ハンドルを切るとスイッチボックスがタンクに干渉します。

先日、塗っていただいたホイール用にバルブをお願いしたら、GT用ですか?と聞かれたので、
なんで?と思ったら、鉄っチンはチューブだったんですね・・・チューブにバルブついてます。はい…

φ16×18

s-バーハンドル外れました
セパハン化に伴って、クラッチシリンダーも交換。 クラクションさんのお古ですが、めちゃ綺麗。 
ブレーキレバーがショートなのでこちらもショートです。

で、デライトさんのバーハンやステップが外されました。
こちらもめちゃ綺麗です。

CORSA

s-きゅーいちろくけいステップイン
セパハン化に伴って、ステップも交換。 916系のコルサタイプです。
古い製品ですが、748Rに乗っていたときからの憧れです。

ステップに足をのせるとヒザがタンクにぴったり入る(?)ほどタイトですが、乗ってみてじっくり
(ステップの取付)位置を探りたいと思います。

ヒールプレートはクラクションさんが用意して下さいました。
この手作り感が僕には心地よいです。

domino

s-ドミノスロットルワイヤー
クラクションさんにバイクとセパハンとステップを預けてから、ポジションの確認依頼が来るまで1日未満。
お店にお伺いしたらスタンドにのったエンジンやら、バイクリフトに乗った納車前の有名なバイクやら。
お忙しいはずなのに・・・ありがとうございます。

今回、セパハンに交換して頂くに当り、ハイスロもお願いしました。
で、写真は純正のスロットルケースですが、dominoなんですね。

(GTはEG側のプーリーと開閉弁のシャフトが一体なので、EG側のプーリーだけ交換するには
シャフトごと旧式のモノに交換する必要があるとのこと。合ってます?)

ということで、惜しまれつつも交換予定の純正スロットルが、domino社製だったという記念写真です。

UNION CYCLE

s-ホイールマットブラックに塗り
ホイールが塗装から上がってきました。 とてもいい仕上がりです。
早くバイクにつけたいけれど、もうしばらく眺めておくことにします。

だって重いんだもん。

LEB

s-くらくしょんじゃなくてホーン
あけましておめでとう御座います。
今年ついに本厄の歳になってしまいました。 皆様はどんなお正月をお迎えでしょうか。

1月3・4日に自分の時間がもてたので、ホーンだけササッと塗ってしまいます。
正月休みにこんなことしてていいのかと思いつつ、1時間ほどで作業終了。

少しずつカラス仕様になっていく愛機を眺めて自己満足に浸りつつ、
明日は雨も雪も降らなさそうなので、南の方にツーリングに出かけようと思います。

φ50

s-アエラセパハンブラック7
今まで乗ったバイクは600~750ccのスーパースポーツばかりでしたから、
今回のGT1000は初めてのネイキッドで、二人乗り、バーハンドルです。

いずれもサーキットには不向きな要素ですが、それはそれでバイクの魅力であり、今の僕には最適な形状です。
しかし、数回のツーリングで起きた姿勢による風圧、伏せにくいハンドル位置という不便さを感じました。

そこで、バーハンドルの高さを低いものにするか、セパハンにするか悩んだ末、セパハンにすることにしました。
セパハンにもクランプからアップしたものと、ストレートなものいろいろありますが、
三鼓さんのアドバイスにより、アエラのアップタイプを購入しました。

このセパハン、ハンドルの垂れ角6°、8°、10°の3段階調整機能がついています。
その差2・4°だけに、あまり変化の無い様に思えますが、乗ると違いを感じるのでしょうか。

ちなみに、クランプの内径はSSやモンスターと同じφ50でした。
今からセパハンにするのが楽しみです。

ツーリング_2013.12.23

s-フタバカフェまえにて
s-フタバ園トランス前にて
s-マスター気が利きますねぇ
s-スープランチは900円
s-ふたばろーる300円
s-とけいよこのくろうさぎさんん
天皇誕生日の今日は国民の祝日ですが、GTで休日出勤いたします。
そして、以前から気になっていたフタバさんに、ランチを食べに行くことができました。

お店の前で記念撮影をしていると、マスターとおぼしき男性が現れ、
バイクの駐車スペースを教えて下さり、「この板使ってください」とのこと。 
ひょっとして、マスターもバイク乗りなのね♪

お昼は、品数の多いフタバランチにしたかったのですが、カロリー控えめなスープランチをいただいて、
食後に美味しそうなフタバロールを追加注文。 毎度何してることやら。

お会計の時にお聞きすると、マスターの奥様はCBR600RRに乗っていたこともあるのだとか。
そんなフタバカフェさんを後にして、後半戦を楽しみました。

寒い日のゴルフは罰ゲームの様だけど、
バイクは対策すれば寒くないし、エンジンも弾んでいるようです。GTで休日出勤って一石二鳥!