バイクで行こう 2nd | L-museum<1>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L-museum<1>

s-ランボルギーニ本社に差し掛かる
s-入り口
s-工場外観
s-工場外観4
s-ミュージアム外観
s-博物館に入ったところ
ドカティー社から走ること約20分。 渋滞もなくランボルギーニ社に到着。 残念ながら工場は見れませんでした。
博物館は入館して即、展示物という感じ。 来場者はわずか。 

なぜ、こんなに(比較的)小さな会社で、これだけ高度な設計・製造を行えるのか、しかも
(近年はアウディーの傘下になったけど)いままで経営してこれたのかと思いつつ、何はともあれ、

子供の頃からの憧れの車。ランボルギーニの独創的で現実離れした車たちを、じっくり見ていきます。

Trackback

Trackback URL
http://mat365.blog.fc2.com/tb.php/137-1995cd46

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。