バイクで行こう 2nd | Category : メモ付き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ohlins_S36PR1C1L

初オーリンズ_ツインショックs

***メモ***
◆タイヤ メッツラー3耐のときの。
◆ohlins_S36PR1C1L パーツナンバー(車種):KA928(ZRX1200)

◆サグ
 推奨値:フリーサグ - 1G   = F:20-30mm、 R:5-15mm
 推奨値:フリーサグ - 乗車時 = F:30-40mm、 R25-35mm

 フロント:フリー:135㎜、 1G:120mm、 乗車時:117mm バネ8㎏
 (ボトム上から アウターチューブの下 まで距離。 ダストシール幅を含)
 
 リア :フリー:386㎜、 1G:383㎜、 乗車時:365㎜ バネkg
 (スイングアームのサスブラケット上から シートフレームの印 までの距離。)
_____________________________________

◆1本目
 フロント イニシャル:8回転締め、 TEN(上):8戻し、 COM(下):8戻し エア:冷2.0㎏
 リア   イニシャル:42㎜、TEN(下):20戻し、 COM(上):16戻し エア:冷2.0kg
       (イニシャル:プリロードアジャスター上から、シリンダーヘッド下までの距離)
◆2本目
 フロント 変更なし      エア:冷1.8㎏
 リア   TEN(下):15戻し エア:冷1.8㎏
      ↓
 フロント イニシャル:2回転締め、 COM(上):2締め

 ◇コメント
  *裏スト6速吹けきらず、便所裏3速吹け切り4速。
  *底付き解消せず。 底付き感なし。
  *メガネのズレは解消せず。
スポンサーサイト

motion pro 08-0336 sag scale

モーションプロSAG SCALEs
マッサン終わりましたね。 エリーの言う「人生はアドベンチャー」・・・
夢が大きければ大きいほど、アドベンチャー度 高いんだろうな~ 僕の冒険のゴールはどんなだろう。

さて、明日はGTで初岡山。 OIRCに加入もするので、講習受けたりします。 
万障繰り合わせて、遊びに行くのだから、日常はぜーんぶ忘れてバイクに集中したい。

写真はモーションプロのサグスケール。
*メモ 取説によると (オフロードの一般論として?)

■フロント
  ライダー下車: サスストロークの5-10%(120mmだと6-12mm)沈み込む
  ライダー乗車: サスストロークの25-30%(120mmだと30-36mm)沈み込む

■リア
  ライダー下車: 25-35㎜沈み込む
  ライダー乗車: 90-100mm沈み込む

の範囲でスプリングを選択する(沈み込みが少ないと柔らかい、多いと硬いスプリングに)とありました。
さて、積み込みしよう。

battery

s-バッテリーケースオープン2
s-バッテリーケースオープン
s-エーゼットバッテリー
仕事が忙しく、気温も一気に低下し、バイクに乗れない日々。
せめてエンジンを掛けておこうとキーをひねるも 「カチッ」 だけで 始動せず。

毎週末にトライするも同じ結果。 そりゃそうだよね。
今日は新しいバッテリーに交換し、エンジン始動。 元のバッテリーはランプ3つで問題なし。

そして、元のバッテリーをGTに戻しキーをひねると、難なく始動。
表通りにバイクを押していき、ブリッピングして終了。 よかった。 よかった。

今年は 3耐 や 弾丸ツーなど多くのイベントに 参加できて、楽しく、思い出深い1年を過ごすことができました。
特に3耐は、電気屋さんが誘ってくれなかったら、2014年にエントリーできてなかった。

全て、素晴らしいお仲間のお陰です。 有り難う御座いました。
また、来年も どうぞよろしくです♪

top speed

s-GTドライブギア14丁2004_10
s-ドリブンスプロケrd-101
s-快晴の日曜日・Pラップ取り付け
s-明日使う工具の準備
フィリップアイランド、(マルケス転倒で)ロッシ優勝したんですね~
雲一つない快晴の日曜日、私はのんびり洗車+軽整備してました。

エキゾーストのナットとガスケット、クラクションさんが送ってくださいました!
早速、交換しました。ありがとうございました! Pラップの取り付けも終了。

***メモ***
減速比
 1次: 61/33(1.849)
 2次: 40/14(2.857)

タイヤ周長:1.9886m

総減速比(6速時)
 1次減速比 × 2次減速比 × 6速ギア比 = 総減速比(4.527)

クランク と タイヤの 回転数
 8000rpm ÷ 総減速比(4.527) = 1767rpm

トップスピード
 1.9886m × 1767rpm × 60min ÷ 1000m = 210.8km/h

ギア比  と  速度(8000rpm時)
 1速: 37/15(2.467) ・・・73.2km/h
 2速: 30/17(1.765) ・・・102.4km/h
 3速: 27/20(1.350) ・・・133.8km/h
 4速: 24/22(1.091) ・・・165.6km/h
 5速: 23/23(0.958) ・・・188.6km/h
 6速: 24/28(0.857) ・・・210.8km/h

走行抵抗 R(ps)
 (AVV + B ・ W) × V / 270 = R
 (A「0.00235」V「210.8」V「210.8」 + B「0.014」 ・ W「267」) × V「210.8」 / 270 = 84.448ps

 R=走行抵抗 (ps)
 A=空気抵抗係数 (0.00235)
 B=転がり抵抗係数 (0.014)
 W=車重(kg) (185+62+20=267)
 V=車速(km/h) (210.8)

braking surface

s-ブレーキパットフローティングピンの逃げ
先日、キャリパーメンテした時に外したブレーキパッド。
(幅)3mm削って下さってました。 (記録まで)

KBA-61193は純正ローターより制動面が(幅)5mm狭いので、
そのままだとブレーキパッドがフローティングピンに干渉しちゃうんですね。

***メモ***

◆ブレンボ 純正 (サンスターは同寸法)
 アウターローター直径 320mm
 インナーローター直径 220mm
 ローターの最大制動面幅 40mm
 フローティングピン直径 20mm

◆ブレンボ KBA-61193
 アウターローター直径 320mm
 インナーローター直径 228mm弱
 ローターの最大制動面幅 35mm
 フローティングピン直径 21mm 

◆ジクー品番
 ZRM-B001C(セラミックシンタードTYPEーC)(ZEQOの刻印)

◆メタリカ品番
 7520 Spec03(セラミックカーボン)(1621の刻印)

spare key

s-スペアキーせいさくしました
GTが帰ってきた。 拭き拭きしてやりたいけど、外は嵐のような雨と風。 
ビルトインガレージあればなぁ。 お金貯めよっと。

さて私、バイクから離れるとき、鍵を外してポケットに入れるものの、よく落としてしまいます。
無意識のうちに、キーホルダーをポケットの外に出しちゃうんですね。

前々回、高速道路のSAで落として困りました。 前回は近所の駐車場でなくして見つからず。
もう、いっそのことバイクにワイヤリングしておきたいくらいです。

で今回、作っていただいたスペアキーに、とりあえず鍵より大きいゴム製のキーホルダーつけておきました。
対策になってないけど。 先日のツーリングで、鍵にぬいぐるみつけてる人もいたな・・・。

***メモ***
■Fサスペンション
 車高:335mm(三つ又下からアウターチューブ下部までの長さ)
 スプリングレート:80N
 油面高さ:150mm S/P入
 プリロード:5
 伸び:8 縮み:8

■Rサスペンション
 車高:
 スプリングレート:
 プリロード:10mm
 伸び:0 縮み:大:3 小:10

■社外ステムナット:10mmロング

tsukigase

s-こうぞくをまちます
2014年4月27日、クラクションのツーリングに参加しました。
ドカティー以外にBMW、ハスクバーナ、アグスタ、ビモータ、ホンダなど33台ほど。

私、滅多に奈良・三重方面へは行く機会が無いので、伊賀や名張の標識を見て旅した気分を味わいました。
「道の駅 御杖」で珍しい野菜を売ってたんですが、買って帰れなかったのが心残り。

走ってみて、路面のふりくを拾いやすい感は感じるものの、例のジャダーが消えてる! 
あと、あのポジションはNGだと身をもって理解。 GT戻ってきたら、ツーリングの汚れを落としてやろう♪

***メモ***
1、集合場所:大阪・奈良の2箇所。
2、ルール: 1)はぐれたら解散。 2)事故・違反は罰金
3、ハイペース組とマイペース組のふた手に分かれ、休憩場所で合流する方法で移動。
4、(万一のために)サービスカーが伴走
5、主なルート

 KM(集合場所1)
   ↓
 大阪城前通過
   ↓
 ローソン 奈良宝来町北(集合場所2)
   ↓
 奈良市内通過
   ↓
 湖畔の里つきがせ
   ↓
 上野名張バイパス
   ↓
 道の駅 伊勢本街道 御杖(解散場所1)
   ↓
 名阪国道
   ↓
 昼食(解散場所2)

6、燃費:217.8km÷12.26L=17.77km/L

technical data<1>

s-ヤッコオイル

***メモ(純正数値)***
◆フレーム
ステアリング切れ角(左右):28° キャスター角:24° トレール:92mm オフセット量:mm
ホイールベース:1425±20mm(アクスルシャフト中芯間) 地上高:1060±20mm(メーターパネル上までの高さ)

◆フロントサスペンション
 フォーク径:43mm 作動長:120mm オイル:shell advance fork7.5 を各395cc

◆リアサスペンション
 ダンパーストローク:94.5mm ホイールトラベル:133mm

◆ホイールサイズ
 フロント:3.50×17″ リア:5.50×17″

◆タイヤサイズ
 フロント:120/70-R17 リア:180/55-R17

◆フロントブレーキ
 ディスク径:320mm ブレーキ有効面積:88cm2 キャリパピストン径:30/32 ポンプ形式:PSC 16/25.

◆リアブレーキ
 ディスク径:245mm 有効面積:25cm2 型式:P 34. ポンプ型式:PS 11

◆エンジン
 L型 90° ボア:94mm ストローク:71.5mm 排気量:992cc 圧縮比:1:10±0.5
 クランクシャフト最大出力:61kw-83HP/8,000rpm
 クランクシャフト最大トルク:83Nm-8.5kgm/6,000rpm
 オイル:SAE 10W-40 3.9L 燃料タンク:15L

◆燃料供給
 CPU:マレリ5AM2 スロットルボディ口径:45mm 

◆電装
 スパークプラグ:NGK DCPR8E バッテリー:12V-10Ah. ジェネレーター:12V-520W
 レギュレーター:30A スターターモータ:12V-0.7kw

◆トランスミッション
 変速比:33/61 ピニオン/スプロケット比:15/39
 総ギア比:1速15/37、2速17/30、3速20/27、4速22/24、5速24/23、6速28/24

◆チェーン
 サイズ:5/8″×5/16″ リンク数:100.

KBA-61193

s-ブレンボKBA-61193とスペーサー
2ヶ月ぶりにGTが戻ってきた。 超軽量フライホイールは超レスポンス。
加速が前乗っていたBB-1に似た感じでトルクフル。

ハイスロになったし、気分的に3馬力増し! アイドリングはやや不安定になり断然楽しくなった。
今回は1kmほどの試走だったので、次の日曜日にもうちょっと乗ってみようと思います。

***メモ***
インナーローター外径:228mm
アウターローター外径:320mm
スペーサー厚み:3mm(左右合計6mm)

Axial P4

s-ブレンボキャリパーぱっと無しよこ
GT1000に付いていたキャリパー。 クラクションさんから単品で帰ってきました。 軽いです。
メモ:brembo axial P4 30/34 Caliper P/No. 20.9230.10/20(L/R)

sprocket holder, side collar

s-まるけはぶとすぷろけっと
s-もとこるせすぷろけっと40
s-カーラー
スポークホイールとキャストホイールではハブなんかが違うので、前輪はディスクの左右幅が異なり、
後輪はスプロケットの取り付け穴の数が違ったりします。

スポークホイールにこだわった結果、苦労してますが、その過程が楽しかったりします。
(僕は作業してないけど。) クラクションさんありがとうございます。

写真はキャストホイール用のスプロケット(ホルダー)と、前輪のカラー。
メモ : http://www.marchesini.jp/product/index.html#3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。