バイクで行こう 2nd

2017九州弾丸ツーリング<6>

DANGAN201717S.jpg

2017九州弾丸ツーリング<5>

dangan201715S.jpg
dangan201714S.jpg
今年のツーリングは3連休中の企画で、弾丸ツーリストが多く、黒川温泉は混んでるだろうと予測。
九重の筋湯温泉に連れて行っていただきました。

割りと大きなホテルの外湯で、露天風呂もしっかりあって、
申し分のないハードだったんですが、残念ながら(露天風呂の)お湯が・・・熱い。

水質チェックのお兄さんに、熱くて入れないから、せめて42度にしてほしいとお願いしたら、
夜になると気温が下がって、お湯の温度も下がるので「(いまから)42度には出来ません」とキッパリ。

今何度?と聞くと45度とのご回答。 へぇー。
初めて聞きましたよ45度。 ブランデーじゃないんだから(笑

私宿泊客ではないので、そこはあっさり諦めまして、
内風呂の、小さな湯船に(隣の水風呂の)お湯を桶で移して調整させて頂きました。ナハ♪

ミルクロード走れたし、石窯のピザ食べれたし、露天風呂にも入れたし。
柏木さん・北山さんのお陰で、東洋軒のとり天を船内で頂きながら宴会スタート。

三皷さんの不参加を除けば、今年も無事故・無故障・無検挙で、楽しい弾丸となりました。 
皆さん3日間お疲れ様でした。 来年もどこか行けたらいいな。

(実名に許可頂いていません・・・NGでしたらお知らせ下さいませ♪上手く修正させて頂きます。)
(ブログなので顔出し写真は不採用とさせていただきました)

2017九州弾丸ツーリング<4>

dangan201710S.jpg
dangan201711S.jpg
大観峰は何度来ても、スケールが大きくて、人の営みが小さく見える場所。
ここから飛んで大地を見下ろしたら、もっと地球感(?)あるんだろうなぁ。

お昼は黒堀さんの誘導でピザ屋さん。ピザ1枚28cmなのですが、1人1枚、軽くイケました。
お洒落で、本格的で、快適で、ミシュランのビブグルマンあってもいいようなお店です。

2017九州弾丸ツーリング<3>

dangan20173S.jpg
dangan20175S.jpg
dangan20176S.jpg
dangan20179S.jpg
九州弾丸で僕が一番再訪したかった場所、来て良かったなーと思える場所。狭霧台。
残念ながらサービスエリアは閉鎖中でございました。

かくのごとく駐車するのはちと危険ですが、旅の目的の一つなんで写真取らせていただきました。
手を伸ばせが雲がつかめるようにも見えます。 長居できないのが残念。

2017九州弾丸ツーリング<2>

dangan20171s.jpg
dangan20172S.jpg
dangan20177S.jpg
ツーリングから2週間が経過しました。
あと7ヶ月ほどでアラフォーとはいえなくなってしまいます。どんどん歳をとってしまうなぁ。

今日は台風21号が接近する暴風雨の中、衆議院選挙が行われています。
投票を済ませ、重い腰を上げてようやく写真整理。

今年はよく雨が降ります。2週間前のツーリングは太平洋の高気圧が頑張ってくれて、
曇りのち晴れというコンディション。朝寒く昼は山頂で暑い状況でした。

弾丸にはかろうじて参加できた感じで船内では往復とも早々にダウン。
私飲み会ではよくあることですが、メーンイベントを逃したようでちょっと残念でした。

***メモ***
某レプリカ系ライダーは、大きなリュックと小さなポシェット。
大きなリュックは船内用の着替類で、現地についたらロッカーに入れて身軽な状態に早変わり。なるほど!!

2017九州弾丸ツーリング<1>

DSC_1398s.jpg
九州弾丸・・・今年も企画くださり行くことができました。三皷さんと天野さんが不在でしたが、
菅生さんをはじめご一緒くださった皆様方にはお世話になりました。ありがとうございました。

実は弾丸翌日が仕事のピークだったので、直前までちょっとネガティブだったのですが、
(翌日の)仕事もそれなりに終わってしまい、弾丸は楽しかったので、終わってしまえば行けてよかったなと。

集合場所の南港に行く前、クラクションさんに立ち寄って、タイヤの空気圧チェック。
見事に減っておりました。天野さん助かりました。

2017 OKAYAMA チャレンジカップ Rd5 その4

バイクでヴィータ_00001
バイクで行こうVITA01BMW
岡国は自宅から最も近い国際規格のサーキットなのと、レースを近くで見れるのが私にとっての魅力です。
チャレンジカップは親子で3000円でパドック・ピットロードまで入って見ることができました。

鈴鹿も もっと頻繁に行けば、もっと身近に思えるかもしれないです。
ああ、サーキット走りたい。

2017 OKAYAMA チャレンジカップ Rd5 その3

バイクで行こう12_00003
バイクで行こうスーパーカート#6
バイクで行こう13_00004
スーパーカート、向きの変え方がスゴイです。進入時に「小さく」スッと向きを変えるテクニック。
SK-1(2st125ccと4st250ccの改造可)クラスのトップタイムはFJ1600より早いでございます。

2017 OKAYAMA チャレンジカップ Rd5 その2

バイクで行こうVITA-01_00007
バイクで行こうチャレンジ2時間5_00008
一番 興味があったのがVITA-01。学生のころはザウルスjrに憧れていてました。
2Lを1.5Lで外から抜きにかかるVITA。 新車で300万円! やりたいことリストにinですな。

FJ1600はレース展開が単調で面白くありませんでした。
僕が学生の頃の鈴鹿とくらべて、今の岡山は台数が少ない感じ。

2017 OKAYAMA チャレンジカップ Rd5

バイクで行こうポルシェワンメイク_00010
バイクで行こうポルシェバトル_00009
長男がバイクに乗りたいと言うので、行ってきました岡山に。
残念ながらミニコースの通常営業は休業しておられましてミニコースを走ることは叶いませんでした。

偶然にも当日はチャレンジカップの第5戦でして、
スーパーカート、FJ1600、ポルシェトロフィー、チャレンジカップ2時間耐久を観戦してきました。

ポルシェ、 この距離で戦うなんて!! 本気レースは見ていて楽しかった。
車両保管中の車体を見たら、傷ヘコミっぱい。

レース後の車の扱いに違い。 チェッカー後はコース上に3台並べて、選手は表彰台に。
車はマーシャルが車に乗り込み、コースを逆走してピットに移動。 

ただでさえ乗る機会のないポルシェ、クラッチもミッションも市販じゃないポルシェ。
ガッコンガッコンされてました。お気持よくわかります。滝汗だったと思います。